棒読みちゃんでCeVIOを使う際、SAPI50エラーが表示される時の対処法

皆さんCeVIO使ってますか?

CeVIOはVOICEROIDのように音声ファイルを出力して動画のナレーション役として使える他、棒読みちゃん等の読み上げソフトと連携することで生放送のコメント読み上げボイスとして使用することもできます。

私も生放送をするときはよく利用させて貰っているのですが、新しいPCで設定をしていたところ、エラーが表示されてしまい読み上げ音声として使うことができませんでした。

色々と試した結果ようやく解決策を見つけたので、本記事ではエラーの内容と対処方法についてご紹介します。

エラーの内容

私が棒読みちゃんとCeVIOを連携させようとした際に遭遇したエラーは以下の通り。

SAPI50のWAV生成でエラー…(中略)…クラスが登録されていません

エラーについて調べたところ、CeVIOを修復したりMicrosoft Visual C++のランタイムライブラリをインストールする等様々な情報が確認できたのですが、どうにもうまくいきません。

前のPCでは全く問題なく利用できたのに、何が足りないのかわからず途方にくれていたのですが、解決策は思わぬところに転がっていました。

答えはSofTalk情報サイトのQ&Aに

エラーについて調べていたところ、以下のページに辿り着きました。SofTalkという読み上げソフトに関する情報をまとめたサイトの、よくある質問ページです。

上記のページに記載の質問の中に、CeVIOとの連携についての質問がありました。

どうやらSofTalkもCeVIOと連携する際にエラーが表示される事があるようで、Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)をインストールすることで解消されるとのこと。

Microsoft Download Center
 
Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8328
Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86) は、Visual C++ 2010 SP1 で開発されたアプリケーションを Visual C++ 2010 SP1 がインストールされていないコンピューター上で実行するために必要な、Visual C++ ライブラリのランタイム コンポーネントをインストールします。

実際にインストールしてみるとなんとびっくり!棒読みちゃん連携と連携して読み上げ音声として使えるようになりました!

一応インストール後にCeVIOの修復も試した後での動作確認だったので、再頒布可能パッケージをインストールしてもエラーが表示される場合は、CeVIOの修復インストールを実施してみたほうが良いかもしれません。

まとめ


以上、棒読みちゃんとCeVIO連携時にエラーが表示される場合の対処方法についてご紹介しました。

どういうわけか特に手を加えなくても上手く連携できるPCと、そうでないPCがあるようで、もしも同様のエラーが表示されてお悩みの方は是非試してみてくださいね!

という訳で本記事はここまで、ご覧頂きありがとうございました!