始めないと分からないことがあるから「とりあえず」始めてみよう

皆さんにはもう準備が出来ていて、始めようと思っているけど中々始められないことありませんか? もしもあるなら、準備万端じゃなくてもとりあえず始めてみるべきだと思います。

かくいう私もこのブログを作ってから初めての記事(この記事)を投稿するまでに1ヶ月ほど間があるんですが、それはともかく今日は何故そう思うのかを私なりに書き綴(つづ)って行きましょう。

始めたところで何も変わらない

例えば趣味でガーデニングを始めたとします。そこで鉢植えに鉢底石を入れて土を入れて種を撒いたところで目の前に見えるのは鉢に入った。彩もなにもありません。

しかし実りが無いからと種を撒かなければどう足掻いたって花が咲くことも、実が出来ることもないでしょう。これは他の趣味でも同じで、例えば動画投稿を始めたからってすぐに結果が実るわけではありません。

結果は誰しも完璧には予測できないのです。

インターネットが普及した昨今では無名の人が初めてイラストや音楽、動画などをオンラインで公開したら、その界隈の大御所も賞賛するほど大ヒットした!なんて事もあるでしょう。

これはなにも創作に限らず、例えばスポーツなんかでも始めた瞬間爆発的に伸びる人も居るのではないでしょうか。

けどそんな天才的な才能を持った人達も、最初から完璧に結果を予想できた人は居ないはずです。よく分からない種を撒いたら桜の木が出来た!みたいな方も居るんじゃないでしょうか。

だからこそ始めてみる価値がある

誰がどんな才能を持っているか分かりません。種を撒いて雑草しか生えなかったとしても、よく調べたら難病を治す薬草だったりするかもしれません。

私が続けている動画投稿という趣味だって、始めて分かった事が沢山あります。今まで感じた楽しい事辛い事も趣味として始めるまでは想像も出来ませんでした。

ブログ、創作、スポーツ、レジャー、どんな物だって始めてみないと分からない事があるでしょうし、そこから思わぬ花が咲いたり実がなるかも分かりません。

私も始めてみる

そもそもこの記事を書いたのは他の誰でもない自分を後押しするためだったんですが冒頭に書いた通りに私も一つ、準備をしてからずっと手を付けずにいた「ブログ」という趣味を始めてみます。

元々新しい事を始める時は新年だったり春だったり何かとキリのいい節目にする習慣があったのですが、秋の紅葉だったり冬に咲く花だったり、じゃなくても綺麗に見えるものがあります。

どんな花や実が成るかを楽しみにしながら、これから育てていこうと思います。

この記事を読んだあなたも、明日から来月から来年から〜と言わず、今日から何か始めてみませんか?